ショウコガツリアハムニダ

(注)ショウコちゃんをガッツリハムニダと読まないでください。

文字列からコリアを取り除いてください。

そのまんま正月です。

正月は韓国に行ってました。

31日の夜は福岡泊。

父親と二人。

鳥居みゆきが「タイクツだ!」と叫びたくなるぐらい退屈である。
波がないと分かっている上、二日酔い気味の朝ぐらい退屈である。
シルベスタスタローンの筋トレを見ているのと同じぐらい退屈である。

夕飯を食べにいってもだいたいが、愚痴か説教である。

(退屈ではあってもめったにできない二人旅の記憶をありがとう、父ちゃん。)

で、10時には狭いビジネスホテルでデカイ体を横たえてしまった父ちゃん。
しかも、本人がなぜ起きないのか不思議なほどデカイいびきをかいている。

眠れるはずがない、世の中は大晦日である。

街に繰り出すことにした。

こんなときには外国人の方がいい遊び場を知ってると相場は決まっている。

全くしらない福岡ではあるが、近くの親不孝通りは聞いたことがある。
(どうせ、親不孝な夜やし、ここで決まりや!!)

昔福岡に住んでいたという、外国人2人に声をかけなんかバーでイベントしてるらしいよと連れて行かれる。

そこには親不孝そうなファッションと親不孝そうな髪型の、親不孝そうなギャルがたくさんおった。

しかも、親不孝な僕は2500円しか持ってなくて(銀行休みだった)その外国人にもらう。(注:付いてたドリンク2杯で足りるはず無く、結局何杯かごちそうになった)

中に入ると、愛と欲望と嫉妬の視線がMission Impossibleの金庫のレーザーのように交錯し、それをアルコールとタバコとDJがわからないようにオブラートしている。

(普段は、それに飲まれてしまうのだけど、アルコール不足のせいで、かなり冷静であった)

だいたい、外国人バーに来ても、いいことがあった試しは無い。

連れの(連れられの?)外国人に興味がありそうなコに声をかけてプレゼント。
これで、500円ぐらいのお返しはできたかな?

偶然、彼女たちの視線が向いていたのに気づいて声をかけたのだけど、明日会おうと連絡先を手に入れたらしく、しかも結構かわいかったため、僕は
`hey, Tomo! Whata cool guy! ' と株を上げた。

いよいよ、アルコールが切れて、無駄に何がうれしいのかHappy New Year! を連呼するのかもわからなくなったし、踊るスペースもなかったし、残りのMissionは連れに任せて退散した。

ホテルに戻ると・・・寝苦しそうに寝返りを打ちつつ、いびきと歯ぎしりのハーモニーをかなでる父ちゃんが・・・いた・・・やっぱり。

韓国編は次に続く。

スタイリウィシュ!!

http://karada.goo.ne.jp/help/ranking2008w

宮崎の女の子が日本で一番やせているとは・・・

どうりでかわいい子が多い訳だ!!
どう?みなさん宮崎来ない?

クリスマスについて

去年のクリスマス。
『そもそもクリスマスって何だっけ?』
「キリストの誕生日か?」
と思った。

で、去年のクリスマス、あまりにも暇だったので調べてみた。

そもそも

西暦が始まったのがキリストの誕生日のはずである。

西暦1年1月1日が誕生日ではないのかと。

しかし、お祝いするのはなぜか12月24日。

考えるだけで不思議である。
好奇心がビンビンである。

正解は。

どちらも間違い、キリストの誕生日は謎である。

じゃあなんで・・・

簡単に説明しましょう。

そもそも、キリスト教以前から12月25日は太陽神降臨のお祭りの日でした。
古代自然教でも、ん?今日が一番日が短くて、だんだん長くなってくるぞ、きっと太陽の神様がやってきたに違いない!とおもってお祭りしていた。つまり冬至を祝っていた。そしてその文化は古代ローマにも残っていた。
その後、キリスト教がローマに受けいられようになってきたときに、もうキリスト教なんだから太陽神のお祝いはやめなさいとは言えなかった。で、強引に12月25日はキリストの生まれた日でもあるからお祭り続けていいよってなったわけ。

ん?キリスト教の都合で作られたXmasを(ちなみにX'masは和製略語らしい「'」はいらないみたい)こんなにお祝いしてんだろ???

といいつつ、クリスマスウェーブを期待していたけれど、全く来ない・・・サーファーはいい子ではないらしい。

とはいえ

み・な・さ・ん

Merry Christmas and Happy New Year!!

です。

いかがお過ごしでしょうか?

僕の正月は父親と韓国でカジノです。

宮崎の年越しイベントや元旦サーフィンはお預けのよう。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ