2007年02月

指差す先の光

部屋に一枚の写真がある。その写真はサングラスをかけた白人が少しにやけながら、果てしなく続く荒野と紺碧の空の先・・・地平線を指差している。

この写真は僕を締め付ける。

あいつに「お前は何処に行っているんだ?おまえはあっちに行くんだろう?」と言われている気がする。

僕はどこにいてどこをめざしているのか。
今の僕は余りにも無力で、誰かが幸せになるとかからは疎遠で、日々の生活でカツカツで、ちっぽけだ。

もっと大ききなりたい。うんにゃ、なる。そのためにはこのままじゃアカン。

世界平和が祈り。みんながハッピーが祈り。僕は大統領でもなく、じゃあ戦争しません。軍事費を世界平和と環境保全に使いましょうと言っても何も変わらない。だったらせめて、僕は周りにいる大好きな人達をハッピーにしたい。

書いてみて少し判った気がする。

僕が直接周りにいる人を幸せにできるところ。

僕が働くことによって、発展途上国とか社会に還元できるところ。

wipe out

ワイプアウト。つまりはご縁がありませんでした。

まぁそれが運命なのだけど、よっしゃー転職だ!って勢いでいたので、今の仕事が余計つらくなってきた。

今の自分は最高に好きではない。

小さい頃はいじめられっこだった。一人で考える時間が無限にあった。「生きるとは、死ぬとは。」「生きがいとは。」「仲間とは。」何年も考えてやっと答えを見つけたと思っていた。それが、親友が死んだり、仕事がうまくいかなかったり、ここ最近のさまざまな出来事によってすべてが吹き飛ばされる。
考えて、動いて、少しずつ貯めてきた積み木のピースが途方もない力によってくずされる。



この考えること=モラトリアム
それが崩れること=モラトリアムの崩壊

また1から考え直すかぁ?。

きっと2週間も海に入ってないから考えすぎるんだな。もっとメローにいこう。
この寒さと、冬季うつ病は僕をこんなにしてしまう。きっついわぁ・・・。

来月からシュウカツ頑張ります。

livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ